活動報告

2024年4月29日、 『Hyper Plasma SPARK TM』は、 青山レナセルクリニックで開発中のプラズマ機です。特許出願済みのプラズマリアクタでプラズマジェットを発生させます。既に機能試作を完成させ基本性能試験を実施しています。試験を進める中で問題点も出てきました。本報では、 ケーブルの放電対策について報告します。

物質をプラズマ状態にするためにはエネルギーが必要です。熱、 紫外線、 電気などが考えられますが、
Hyper Plasma SPARK TMでは、 制御が簡単で効率の良い『電気』を使っています。すなわち、 物質に高電圧を印加するわけです。高電圧を応用する場合、 特別な配慮が必要です。例えばコネクタや端子台など十分に距離を離さないと放電が発生します。

放電にも種類があって、主にアーク放電とコロナ放電があります。アーク放電は溶接に応用されている放電現象で、鉄が溶けるほどの高温状態になるため大変危険です。いっぽうコロナ放電は『セントエルモの火』のような自然現象にも見られ、ほとんど電流は流れないため危険性は低いです。しかしながら、アーク放電、コロナ放電どちらの放電も発生することでリアクタ(プラズマ反応機)での電力が減少し、生成されるプラズマも減少してしまいます。

Hyper Plasma SPARKでも高電圧機器のケーブル内でよく見られるコロナ放電が試験中に僅かに観測されました。プラズマの発生効率の低下を防ぐためには放電を最小化する必要があります。そのためにケーブルを太く短くする手段もありますが、患者様に施術を行う上で2m程度の長さと柔軟性が求められています。この条件下で放電を最小化するための内部構造およびケーブル材料について実験を重ねています。

写真はコロナ放電の発生状況です。とても弱い放電なので、 真夜中に部屋の電気を消して観測します。
青白い露のように見えるのがコロナ放電です。ケーブルを太くすればコロナ放電を抑止できますが柔軟性がなくなります。コロナ放電対策ケーブルなどを取り寄せて試しています。

その他、 Hyper Plasma SPARK の改良を進め、 いちはやく皆様にご利用いただきたく日夜奮闘中です。

2024年4月29日(文責:青山レナセルクリニック 医工連携推進室長 金子昌彦 Ph.D.)